耳にしたことはあるがそれが何かと問われればあまりよくわからない「投資顧問」。そんな疑問を当サイトで振り払って投資顧問からのアドバイスを受けてみてはいかがですか?

所得把握してスライドしてくれる投資顧問担当みつける

ここ最近、株式の利益による税金や相続税、消費税の増税など税金が増えてきました。
株式においては、2014年より利益に対する課税率が10.147%から20.315%に増えるなど、利益を圧迫する原因となっております。こうした税金をスライドする方法がありますが、一般的ではないため、アドバイスをしてくれる投資顧問の担当を見つけるのが、投資において重要です。

まずしなければならないことが、値上がり益によるキャピタルゲインや配当所得によるインカムゲインによる所得把握です。所得を把握することで、税金がかかってきますので、現在保有している株式や金融商品の評価損益とかんあみて、税金を納めるタイミングを計ることが重要です。

例えば、今は資産を殖やすためにどんどんと投資を行いたい場合、決済して評価益に変えてそれを現金に再投資したとします。そのときにかかる税金を確定申告により払わなければなりませんが、その際に、株式ですと利益に対して約20%の税金がかかることになりますので、税金支払いのことを考慮すると、実際には利益の80%分しか再投資することができません。今年は決済をせずに、来年に税金をスライドさせることで、現在の投資分に関しては、非課税で資産を保有することができます。

また、もう一つは一年前に損失を出してしまった場合、株式ですと損失を繰り越せますので、損失分のみ今年の利益と総裁し、税金をかけないように昨年分の評価損のスライドによる節税もできます。

このように、所得状況を常に考慮し、税金のことまで考えればよいですが、個人では限界がありますので、そういうときには投資顧問にアドバイスを貰うのも一つの方法です。

金融商品の紹介だけでなく、税金や所得のことに考慮し、スライドするといったアドバイスまでもらえる投資顧問を担当につけておくと、資産形成の非常に強い味方になってくれます。