耳にしたことはあるがそれが何かと問われればあまりよくわからない「投資顧問」。そんな疑問を当サイトで振り払って投資顧問からのアドバイスを受けてみてはいかがですか?

投資顧問に相談する銘柄は基本的に持ち越しを

投資顧問は投資に対する役に立つ助言をしてもらうことが出来るのですが、助言を受けた銘柄というのは基本的に持ち越しをすることになります。
その理由としては助言をしてもらうにしても、ある程度長い時間軸での助言となりますから、その日の内で決済をするデイトレードには向かないためです。
短期的な助言をもらう事ができないのかというとそのようなこともなく、決算直前の動きなどに関しての助言をもらって、好決算が期待できそうであればそれにかけてポジションを持つだけの価値が有るのかどうかといった助言をもらうこともできますから、数日間の短期的な取引の助言をもらうこともできますが、その日の内だけで完結してしまうデイトレードの場合には有効的な助言をもらうことが難しくなってしまいます。

もちろん、一日の内で値動きの激しいデイトレード向きの銘柄などはどのようなものがあるのかということに関しては、役に立つ助言をしてもらうことができますが、プロといってもその日特定の銘柄がどのような動きをするのかということは簡単に予測をつけることが難しいものとなってしまいます。
そして、デイトレードは事前の予測よりも当日のその場の値動きが重要でありわずか数分の間でも投資判断が変わってくるものですから、投資顧問から直接的に役に立つ助言をもらうことは難しいものとなってしまうのです。
しかし、デイトレードをしようとしている銘柄がデイトレードに向いている銘柄であるのか、取引の最中に気をつけるべき点はどの様のなところにあるのかということは助言をしてもらうことができるので、見落としがちな点を教えてもらうということはできるので超短期売買であっても助言を受けることはできそれをいかすこともできます。