耳にしたことはあるがそれが何かと問われればあまりよくわからない「投資顧問」。そんな疑問を当サイトで振り払って投資顧問からのアドバイスを受けてみてはいかがですか?

投資顧問も推奨する三井住友信託銀行の投資信託

三井住友信託銀行は元々三井中央信託銀行と住友信託銀行が合併した銀行で、比較的新しい銀行ではありますが古くからのノウハウが蓄積された銀行とも言えます。
普通預金や定期預金といった普通の銀行で扱っている商品もありますが、主力は投資信託や財形貯蓄といった一般の銀行と比べて、より積極的に資金を運用したい方にお勧めの銀行です。
証券会社と似ているところもありますが株式は扱っておらず、三井住友信託銀行のみで扱っているファンドや独自のファンドもありますのでお客様のライフスタイルによっては投資顧問が利用をお勧めすることもあります。
三井住友信託銀行の投資信託口座は普通預金の口座を持っているだけでは利用できず、普通預金の口座がある上で改めて投資信託口座の開設手続きが必要になります。そういった性質上、投資信託。の口座の開設の期間はお客様が元々三井住友信託銀行に口座を持っているかどうかによって変わってきます。
店舗がお近くにある方は印鑑と身分証明書を持参して店舗に出向いた方が手続きは早く済みます。
店舗がお近くにない方は同じように店舗に出向くか、郵送での手続きになるので時間が少しかかってしまいます。
投資信託口座の開設後はインターネットでの取引が可能なので、店舗に出向く必要はほぼありません。

なお、三井住友信託ではなくても、信託銀行は銀行とはことなり全ての商品がペイオフ対象外で元本保証というわけではありません。
そもそも信託銀行が破綻するという自体があまりないことではありますが、リスク回避を考えるなら投資顧問へ定期的にアドバイスを聞くことである程度のリスクを避けることが可能です。
ペイオフ対象とはならないことを理解した上で積極的に資金を運用することを考えているなら、信託銀行はあなたのとてもよいパートナーになってくれると思います。